お水で便秘解消



水分補給の重要性

 

 

更に便秘の治療に欠かせない要素があります。それは水分不足の解消です。そもそも人間の身体の70%は水分でできているのです。

 

 

便秘と水分には密接な関係があります。便秘になると便が硬くなり排泄しにくくなりますが、これは便の水分が少なくなるからです。大腸の機能の一部として水分の吸収作用があります。通常食事などで摂取する水分量は1日約2Lといわれています。これに、唾液、胃液、胆汁等が加わり、約8~10L/日の水分量が小腸に流入しているのです。

 

 

このうち約80~90%は小腸で吸収されます。小腸での吸収量が多いのは、不可避尿という体内の老廃物を溶かすのに必要な尿や、随意尿という摂取した水分量によって調節される尿になるからです。

 

 

1日1000cc程度は尿を出さないと体に老廃物が貯まってしまうのです。残りは大腸へ運ばれて殆ど吸収されてしまい、排出時には、1日に僅か100~200cc程度になります。

 

 

ということは、少しでも多くの水分量を摂ることによって、吸収された後に残る水分量は増えます。水分は大腸で食物繊維に吸収されて腸をキレイにしますし、便を軟らかくしてくれます。実際、日常的な水分不足が原因で便秘になっている人は多く、夏場の汗の多い時期も水分不足で便秘を招きます。