お水で便秘解消



水分補給で便秘解消

 

 

さて、水分不足の解消が便秘の改善に有効であることがよくわかったと思います。水分を十分とることは快便につながり便秘の予防にもなるのです。

 

 

単純にいえば、1日に2リットルの水を毎日飲むようにするということになります。最初はつらいと思いますが、水分補給は大切です。水だけではなかなか難しいので牛乳を飲むなり、食事ではスープや味噌汁を必ず加えるなどもいいでしょう。

 

 

しかし、水分は大腸が吸収してしまうので工夫も必要です。そこで、大腸が吸収できないような水分をとる必要があるのです。

 

 

実は大腸では食物繊維に含まれている水分は吸収されにくいという特性があります。食物繊維は根菜に含まれています。

 

 

水溶性の高い食物繊維とは、豆、果物、野菜などのことです。野菜ジュースなどがいいとされるのは食物繊維が豊富だからです。病院ではプルーンを使う場合があるそうです。

 

 

食物繊維の摂取量を増やす時は徐々に増やすようにしましょう。経過として、腹部の膨張感やガスが出るようになりますが、これは体が多量の繊維の摂取に身体が慣れていないためです。このように、水分を採るということは、単純に水だけを飲む以外に、食事のメニューが大切であるということがわかります。さっそく日常生活に採り入れて、健康的な便秘の解消に取り組んでください。